ー 御本殿が現在の地に再建され百年 ー 

 彌彦神社の御祭神・天香山命は天照大御神の御曾孫にあたられ、越後国の文化・産業発展の祖神として「おやひこさま」の敬称で県内外から篤い信仰を寄せられています。
 当神社の御社殿は、古代より朝廷・将軍家、武将等により、たびたび造営・修造され、美麗を極めたと伝えられています。しかし明治45年(1912)門前からの大火により、御本殿以下の殆どが焼失しました。越後一宮焼失は、当時の新潟県民にとって大きな衝撃であり、御再建への県民の熱意は目覚ましく、目標を超える浄財と勤労奉仕によって大正5年(1916)、現在の荘厳・壮大なる御社殿が御再建されました。弥彦山を背景に神気溢れる杜に佇むこの御社殿にて、年間百万人を超える皆様が敬虔な祈りを捧げておられます。
 来る平成27年(2015)は、大正の御再建・御遷座から数えて100年となります。この100年を一つの節目として、さらに次の100年に向けて、彌彦神社が皆様のこころの故郷・日々の支えであり続けるよう、諸々の奉祝行事・整備事業を計画中であります。この度は、永い伝統の神事に関わる弓道場・相撲場の新築や、御参拝の皆様がくつろげるお庭として、神苑一帯を公園として整備するなど、彌彦神社が皆様にとってより身近となるよう、そして越後の祖神である彌彦大神様への想いを、皆様とともに永く後世へと伝えて行けるようにと、願っています。
 奉祝事業・整備事業に、皆様の真心をお寄せいただきますよう、衷心よりお願い申し上げます。





御社殿

越後一宮 彌彦神社

〒959-0393
新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
TEL.0256-94-2001
FAX.0256-94-4552